シドニー / 生活
生活

シドニーのおすすめビーチ3選

Kanta Kanta

シドニーの夏が近づいてきました!

 

ワーキングホリデーで滞在している僕にとっては初めての夏です。
6月に渡航した時は真冬だったので、想像以上に寒くて驚いたのを覚えています。
ちなみにシドニーは南半球にあるので、四季は日本と間逆。
9月から11月が春、12月から2月が夏、3月から5月が秋、6月から8月が冬、となっています。
シドニーといえば夏!!なので、本当に楽しみです。
そこで今回は、僕が今までに行ってみたビーチを紹介したいと思います。

 

 

まずは、Bondi Beach。シドニーのビーチといえば真っ先に出てくるのがボンダイビーチです。
市内にあるTown hall駅(タウンホール駅)から電車で約10分かけてBondi Junction Stationへ。そこからバスに乗り換え20分程で到着です。
晴天ということもあり、Bondi Junctionのバス乗り場はBondi Beachへ行く人で溢れていました。
絵のように美しいビーチで、歩いているだけでリフレッシュできます。

 

 

 

ビーチには芝生のエリアもあり、犬や子どもたちが遊んでいます。
日光浴をするだけでも気持ちが良いだろうな、と思います。

 

 

 

休憩所のような場所もあったので入ってみると、Bondi Beachを少し高い所から眺めることができました。

 

 

次にManly Beachです。
Manly Beachへは市内にあるCircular Quay(サーキュラーキー)からFerryに乗って行きます。
(バスでも行けます。)
約40分Ferryに乗ることになりますが、景色が良いのでFerryだけでも楽しめること間違いありません。

 

Ferryから見たHarbour Bridgeです。
海の上から見るHarbour Bridgeは迫力がありました。

 

 

 

Ferryから見えるOpera Houseです。
今回はこの角度での写真しか撮れなかったのですが、海の上からでしか見ることができない角度でOpera Houseを見ることができました。
貴重なので、ぜひ写真に収めてみてください。

 

 

 

Manly Beachはこんな感じです。
Bondi Beachと比べると、少し小さい感じがしますが、整備されていて綺麗でした。

 

 

 

Manlyの港からManly Beachまで歩いた道にはお洒落なお店が並んでおり、歩くだけでもお洒落な雰囲気を味わうことができました。
今回は何も食べずに帰ったのですが、次行ったときはカフェにでも入ろうかな、と考えています。

 

 

 

最後に紹介するのが、Cronulla Beachです。
市内にあるTown hall駅(タウンホール駅)から電車で約1時間30分と、
少し遠い場所ではありますが、僕の1番オススメするビーチです!!
写真を撮り忘れてしまったのですが、駅とビーチの間にある町が本当に良い雰囲気でした。
市内にはないのんびりとした町で、時間がゆっくりながれているようでした。

 

写真では分かりづらいですが、Cronulla Beachはとても長いビーチです。
端から端まで約5.5kmあり、歩くと1時間程かかるみたいです。
時間がある時に歩いて端まで行ってみようと思います。

 

 

 

見たことのない大きな鳥がいたので調べてみると、Cockatooという大型のオウムでした。
主にタスマニアに分布している鳥らしいです。野生のオウムは初めて見たので、驚きました。オーストラリアならではかもしれません。

 

以上、僕のおススメする3つのビーチでした。
ManlyもCronullaも少し遠いところにあるのですが、シドニーには素晴らしいシステムがあります。
なんと日曜日には、バスや電車、フェリーに何度乗っても$2.70しか料金が発生しないのです。(Opal Cardを使用した場合、2018年10月現在)

 

このシステムを上手に利用し、ぜひシドニーのビーチに足を運んでみてください!
もちろんシドニーにはまだまだたくさんのビーチがありますので、お気に入りのビーチを探してみるのも良いかもしれませんね。

 

Kan

ニュースレター登録

ニュージーランド、オーストラリアの最新旅情報をGET!
最低月1回不定期に配信中~!お得な情報もあるので、ぜひご登録を!

INSTAGRAM